エアロバイクと心拍計

エアロバイクの機能として心拍数を知ることができる心拍計を装備しているものが、効果的な有酸素運動を行ううえでは大事なポイントになります。

なぜなら、有酸素運動と無酸素運動の境界は、心拍数に比例して定義される体への負荷よって分かれるものだから。でも、心拍計って、いったいどうやって心拍数を計測してるのでしょうか。

心拍数が一定の数値を超えると、それは無酸素運動となります。

心拍計の心拍数の計り方には、大きく分けて二通りの方法があるようです。

ひとつは、指先などの血流を赤外線などで感知して心拍数を知るというもの。この方法は、小型化できるという利点があり、腕時計タイプ(ポラールCASIOなど)の心拍計に多く用いられています。

もうひとつは、胸にセンサーパッドを取り付けて心電を測定し、その変化から心拍を検出し、心拍と心拍との間隔から心拍数を求めるというもの。この方式は、心拍計としてスタンダードで、正確さも腕時計タイプなどより高いといわれています。

コンパス(羅針盤)で有名なスントーの心拍計は、腕時計タイプですが胸に取り付けたベルトに内蔵されたセンサーがトランスミッターで腕時計タイプのリストコンピュータにデータを送信するという仕組みを採用し、正確な心拍数の計測を可能にしています。

エアロバイクの自転車こぎ運動で有効な有酸素運動を行うためには、常に心拍数をモニターし、それに応じた運動の負荷を保つようにする必要があるので、心拍数計は必須の装備ですね。

先のエアロバイクの自動負荷調節プログラム機能とはで書いたハートレートコントロールモードを実現するためには、心拍数をモニターすることが不可欠なので、ハートレートコントロールを装備しているエアロバイクには当然のことながら心拍数計を装備しています。

心拍数とカラダへの負荷は、正比例(直線的な関係)になっているので、心拍数を把握することがカラダへの負荷を考慮した科学トレーニングの基本になっているというわけです。

エアロバイクを選ぶときは、心拍計を装備しているものを選び、そうでない場合は、やみくもな運動をさけるためにも単体で心拍数計を用意するのが良いと思います。

ちなみに、エアロバイクに装備されている心拍計は、グリップを握るだけで心拍数の測定ができるグリップセンサー(グリップセンサー機能:AF6500)が主流のようですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。